昨夜は・・・・。

ひさびさに、やってしまいました。

ネットの検索で、たまたまみつけた話題から、
ちょっと不安になり、調べたら、
あり地獄のように悪いほうへ悪いほうへむかい、
がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんとショックをうけ、
ずーーーーーーーっっと調べつくし、
調べれば、調べるほど落ち込んでました。

調べるものがなくなり
あきらめて寝ましたが、夢の中でも
「エストラジオール(E2)がぁぁぁぁぁぁ」
と、叫んでました○l ̄l_




↑でも、ちょっと触れましたが気になったのは
そう、E2値のことだったのです。

不妊治療を始めると、
まず初めに「ホルモン検査」を受けますね。

うちのクリニックでは周期3日目(D3)の血液検査(いろいろ)と、
高温期7~8日目(D21くらい)の血液検査(プロゲステロン・E2値)があります。

その時の結果では、
D3でFSH5.6、LH5.7でした。
ただ問題なのは、FSH≦LHだったことです。
(FSH(卵胞刺激ホルモン)が、0.1少なかった)

好ましいのはFSH>LH。
ってことで、排卵障害が疑われるところです。

医師は、スムーズなホルモンのバランスでは
ないようだけど、
薬で別に、治療するまでもない・・・・っていう見解だったのです。
と、いうのも問題なく排卵していたからなんです。

あと、D3のテストステロンが50で、理想は40なので
少し多めということでした。

D21くらいの検査は正常値とのことでした。

でもその検査結果は、正直、あんまりよくわかってなかったし、
ましてその当時、自分が不妊と認識してなかったので、
スルーしてました。

以上を踏まえたうえでのことなんですが。

IVF・ICSIに進むと、周期3日目(D3)に採卵をできるかの
ホルモン検査があります。

その時に調べるのが、
エスタジオール(卵胞ホルモンの一つ?)・・・つまりE2値
そしてFSHやLHの値です。

いままで、ひっかかったことが
なかったので、
特に数値を聞くことも、
気にしたこともなかったのです。

それが、ちょっと前。
ネット上の中で、この時のE2値の値が大切だっていうのを
見つけてしまったのです∑(゜□゜)。

で、この間診察の時に、
一人で待っている間、こそこそっと、
カルテを見たんです。

そしたら、
1回目のロングのD3のE2値は106.8
2回目のアンタゴのD3のE2値は86.7
だったんです。

実は、その大切とされるとあったネット上の
お話では、スムーズに胚盤胞に育ったりするのは
D3のE2値は50~80とされていたんです.
(これは素人談・・・でもとても研究熱心な方で、あながち。。。)。

がぁぁぁぁぁぁぁん
えーーーーー、私、めっちゃ高いやん。

で、高いってどういうことかと言うと。

D3のE2値が80以上だと
原始卵胞が減ってきている合図だ!
って見つけたんです(これはDr談)。

ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん(T□T)
わ、わたし。。。閉経するのぉぉぉぉぉぉぉぉ???????○l ̄l_

ものすごーーーーーーっくショックを受けて、調べると、
さらに閉経が近くなると、
FSHの値が高くなるらしいんです(20以上とか)。

で、とりあえずは、FSHは低いので、まだセーフ。
まだ、予備軍?くらい?
と、青ざめながら、ぶつぶつぶつぶつ
「妊娠急がなきゃ。。。急がなきゃ。。。」
と一人言を言いながら、検索しまくりました。
でも、あんまり資料となるものもないんです。

心の中では
「なんで、うちのクリニックは2回とも‘問題ないですよ‘だったんだ???。」
と、思いながら、
多分、今までで1番、採卵や妊娠を急がなきゃって思いました。

で、今朝、クリニックに電話しました。
相談もしたかったし、
やっぱり、盗み見じゃなくはっきりした
数字を聞こうと思って。

すると・・・・・。

1回目のロング法のD3のE2値は106.8→正しくは10.68
2回目のアンタゴのD3のE2値は86.7→正しくは83.67
でした(T▽T)。

いや、1回目のE2値10.68、これはこれでたいそう低いんですよ。
でもFSHが低いし、別に閉経ってことでは
なさそうです。
で、確かに採卵数も少なかったです(2個)
卵胞の育ち方もバラバラでしたし。
これがE2値の値の低さが示してるもの?って思ったりもしましたが、
でも、綺麗な胚盤胞(5AA)になりましたしね。

2回目のE2が80を超えてることに対しては、
医師「うーん、採卵できる範囲なんですよ。
   前回の卵胞が残ったりして値が大きくなったりしてるのだと
   思います。」
だったんです。

良かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(;▽;)。

このことを昨夜は、オットに口頭で説明しにくかったので
軽く、今日話すると、

オット「ネットで、いろんな情報をとりいれたり便利なところも
   あるけど、そういう情報はあくまでも情報。
   自分にとって、大切な疑問がでた時に
   今、1番答えを出してくれるところは、
   通ってるクリニックやったり、みてくれてる主治医なんやから、
   しっかり聞いたらいい。」

でした。

ちょっと、そうだなぁーーって思ったんです。
情報ってとってもありがたいし、
すごく助かったりするのですが、
やっぱり、一人一人違ったパターンがあるので、
私みたいに、なんでもムキになって不安になるのは
よくないなぁって思いました。

とりあえず、今回のことは、
また金曜日に詳しく、主治医と話してみます。

とはいえ、これは、あくまでも
クリニックを信用してる・・・・が前提になるんですよね(^-^;)。
それはそれで、難しいところですが、
でも、私は、卒業生さん達のお話見たり聞いたりで、
結構、信じてるんですけどね♪♪。
[PR]

by tanyaan | 2006-07-03 15:39 | 3回目IVF自然周期&凍結胚  

<< 疲れました。。。 がっくり。 >>